福岡市東区和白 医療法人育慈会 ならざき小児科

ごはんのいろいろ

体は食べ物からできている

炭水化物1

私たちは生きるため、成長するために毎日食事をします。よく噛み、だ液と混ぜた食べ物は食道から胃に入り、消化液に含まれる消化酵素で消化されます。糖質はブドウ糖に、脂質は脂肪酸とグリセリンに、タンパク質はアミノ酸になって、体内に吸収され、エネルギー源や体を作る働きをします。

「糖質・脂質・タンパク質」を3大栄養素といい、体の調子を整える「ビタミン・ミネラル」を加えて5大栄養素といいます。

ところで、糖質って?炭水化物って? 
答えは:「糖質+食物繊維=炭水化物」

人の消化酵素で消化される「糖質(エネルギー源)」と消化されない「食物繊維(腸のそうじ屋さん)」をあわせたものが『炭水化物』です。ご飯などの穀類・いも類・砂糖などに多く含まれ、食事のエネルギーの60%ぐらいをこの炭水化物からとるのが基本です。

赤ちゃんの成長に必要なエネルギー源は、まず母乳・粉ミルクのガラクトースや乳糖です。
離乳食スタートではお米10倍粥でブドウ糖を利用します。
脳のエネルギー源であるブドウ糖や糖質の体内での働きについては次号でお話しましょう。

○糖質の種類
[table “” not found /]

みなさまの関心の高い記事

病児保育室ぞうさんの家
診療・健診・ワクチン接種 インターネット予約

予約システムQRコード
QRコードを読み込むことで、スマートフォン・携帯電話からも予約が可能です。

初めてご利用の方は、まずはお電話にてご連絡をお願いいたします。

●診療時間

時間
9:00〜12:00-
13:30〜15:00---
15:00〜18:00---

受付時間 8:00〜12:00/13:30〜17:00
13:30から15:00の間はワクチン接種・健康診断のみを行っております。
なお、木曜日・土曜日は11:30まで受け付けております。

初めてお越しの方へ

●所在地
〒811-0202 福岡市東区和白5-7-16

当院までのアクセス

管理栄養士による栄養相談
診療券は大事な情報
エコチル調査