福岡市東区和白 医療法人育慈会 ならざき小児科

子育てのための医療

クマさんの「6ヶ月 ただでは済まない BCG 」

 すでにマスコミの報道を通してご存じの方も多いかと思いますが、結核予防法の一部改正がおこなわれ、平成17年の4月1日からBCG接種のルールが変わります。これまで、ツベルクリン反応検査(ツ反)が陰性のお子さんだけやっていたBCG接種ですが、来年4月1日からはツ反はおこなわずすべての赤ちゃんに直接BCG接種をすることになりました。しかも、接種時期が現在の4歳までから、一気に満6ヶ月になるまでということになります。

 そもそも乳児期にBCG接種を行う理由は、乳児が結核にかかると非常に重症化して全身性結核(粟粒結核)や結核性髄膜炎になって死亡したり重い後遺症を残すからです。それを防ぐためには、人生のできるだけ早い時期にBCG接種をすることが望ましく、ドイツなど生まれて間もない新生児期に行う国もあるくらいなのです。また、ツ反陽性のこどもに対する抗結核剤投与は必ずしも必要ではないものも多いため、不必要な治療の弊害を防ぐ目的もあります。

 気をつけていただきたいのは、このルール変更には移行期間がなく、経過措置がないことです。来年の4月1日以後、満6ヶ月を超えた赤ちゃんは公費ではBCG接種ができなくなります。希望する場合には、自費で受けなければいけません。しかも、福岡市の場合、保健所や開業医ではなく結核予防センターなど特定の医療機関まで行かなければ受けられません。

 何らかの理由でまだBCG接種を受けていないお子さんは、早めに保健所に問い合わせて、来年3月末までには済ませておくようにしましょう。また、今年7月以後に生まれたお子さんは必ず4カ月児健診を受診してBCG接種を済ませるようにしましょう。

(2004年12月1日)

みなさまの関心の高い記事

病児保育室ぞうさんの家
診療・健診・ワクチン接種 インターネット予約

予約システムQRコード
QRコードを読み込むことで、スマートフォン・携帯電話からも予約が可能です。

初めてご利用の方は、まずはお電話にてご連絡をお願いいたします。

●診療時間

時間
9:00〜12:00-
13:30〜15:00---
15:00〜18:00---

受付時間 8:00〜12:00/13:30〜17:00
13:30から15:00の間はワクチン接種・健康診断のみを行っております。
なお、木曜日・土曜日は11:30まで受け付けております。

初めてお越しの方へ

●所在地
〒811-0202 福岡市東区和白5-7-16

当院までのアクセス

管理栄養士による栄養相談
診療券は大事な情報
エコチル調査